デザイン制作、Web制作、ブログ運営などのノウハウを配信するサイト

【開発Tips】VisualStudioCodeでのGit管理

どうもこんにちは、InomaCreateです。
先日、AndroidStudioでのGit管理方法を説明しましたが、VisualStudioCodeでもGit管理できますので、その方法を説明します。

スポンサーリンク

1.ローカルリポジトリの作成

VisualStudioCodeでGit管理したいフォルダを開きます。
一番左の縦に並んでいるタブメニューのソース管理を選択します。
「リポジトリを初期化する」ボタンを押します。これで、Gitでバージョン管理するための環境(ローカルリポジトリ)が作成されます。

2.初回ファイルのコミット

次に現在のソースコードをコミットしてみましょう。
ソース管理の追加したいファイルのリストの右側に+マークのボタンがあるので、クリックします。

これで、ファイルがステージングエリアへAddされます。(以下のようにステージされている変更のリストにファイルが移動しました)

次に、コミットコメントを記載し、右上のチェックマークをクリックします。これで、コミットされます。

3.ファイルを変更しコミット

次にソースを変更しその変更内容をローカルリポジトリにコミットしてみましょう。
以下のように適当にソース変更します。

ソースを変更すると、ソース管理の変更リストにファイルが表示されますので、+マークをクリックし、ステージングエリアへ移動させます。

コミットコメントを記載し、右上のチェックマークをクリックしコミットします。

4.変更履歴の確認

変更履歴の確認方法です。
拡張機能メニューから、「Git History」をインストールします。

「Mac:Command + Shift + P」(Windows:Ctrl + Shift + P)を押して、コマンドパレットを開きます。
git historyと入力し、Git: View History(git log)を開きます。

以下のように変更履歴が確認できます。また、Previousを押すと、変更前との差分も確認できます。

5.リモートリポジトリへのPush方法(例:GitHub)

今までは、ローカルリポジトリでの作業でした。今度はリモートリポジトリにプッシュしてみましょう。

ソース管理のメニューから、リモート→リモートの追加をクリックします。

次にリモートリポジトリのURLを入力します。

リモート名を入力します。

ソース管理メニューからプル、プッシュ→プッシュ先を選択します。

先程追加したリモート名を選択し、リモートリポジトリへプッシュします。

6.最後に

以上、VisualStudioCodeでのGitの使い方でした。
※Gitの基本的な部分の説明は省略しましたが、そのうち、コンテンツとしてまとめたいと思います。
それでは!!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で
関連記事(一部広告含む)

飲食店用WordPress無料テーマ
「InomaRestaurantBasic」

飲食店用の無料WordPressテーマを作成しました。
店のコンセプト、メニュー、アクセスなど
飲食店に必要な最低限の機能を搭載しました。
これから飲食店のホームページを開設したい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

ブログ用WordPress無料テーマ
「chameleon(カメレオン)」

WordPressテーマ(chameleon)は、「WordPressで手軽・気軽にブログ始められる」をコンセプトに制作しました。
初めてWordPressでブログを始める方、是非シンプルなテーマchameleon「カメレオン」を使ってみてください!

ブログ用無料WordPressテーマ

士業用WordPress無料テーマ
「InomaExpertBasic」

士業用の無料WordPressテーマを作成しました。
もちろん、一般的なビジネスサイトに活用できます。
自分でサイト更新したい方、
これからホームページを立ち上げようとする方、
自分でWordPressテーマを作ってみたい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン