デザイン制作、Web制作、ブログ運営などのノウハウを配信するサイト

【開発Tips】AndroidStudioでのGit管理


どうもこんにちは、InomaCreateです。
いつもAndroidアプリを作る時、「SourceTree」というクライアントアプリを使ってGit管理していましたが、
Android Studio内でGit管理する方法がわかりましたので紹介します。

※使用するAndroidStudioバージョンについて
使用しているAndroidStudioは、Bumblebee | 2021.1.1 Patch3 です。
おそらく他のVersionでも基本的な使い方は同じだと思いますが、念の為。

スポンサーリンク

1. AndroidStudioでローカルリポジトリを作成する

試しに、AndroidStudioでtest用のプロジェクトを作成し、Git管理していきます。
AndroidStudioの上部メニュー[VCS]→[Enable Version Control Integration..]を選択します。
※VCSとは、Version Control System(バージョン管理システム)の略です。

以下の画面が表示されたら、Gitを選択し、OKをクリックします。

これで、自分のローカルPC上にGitでバージョン管理するための環境(ローカルリポジトリ)が作成されました。

2.git管理するファイルを選択し、ベースファイルをコミット

次に現在のソースコードをコミットしてみましょう。
AndroidStudioの左端のタブで、Commitを選択します。
Unversioned Filesにバージョン管理されていないファイル群が表示されますので、バージョン管理するファイルを選択します。
今回はすべてファイルを選択しコミットします。
なお、厳密にバージョン管理したくないファイルなどがある場合はファイルを選択し右クリック→Add to gitignoreを選択することで対象外ファイルに追加可能です。
コミットコメントを記載し、Commitボタンをクリックします。

以下、確認画面が出ます。問題なければCommitクリックします。

3.ソースを変更しコミットする

次にソースを変更しその変更内容をローカルリポジトリにコミットしてみましょう。
以下のように適当にソース変更します。

Commitタブを開くと、変更したソースのリストが表示されます。

ここで、変更したリストのソースをダブルクリックします。
すると、変更前と変更後のソース差分が確認できます。コミット前に自分が意図した変更かどうかを確認するとよいでしょう。

変更内容が問題なければ、変更したファイルにチェックを入れて、コミットコメントを記載し、Commitボタンを押しましょう。

以下、確認画面が出ます。問題なければCommitクリックします。

4.変更履歴の確認方法

AndroidStudioの一番下のほうに、Gitタブがありますので、Gitタブを開きます。
ここでコミットした履歴等が確認できます。

5.リモートリポジトリへのPush方法(例:GitHub)

今までは、ローカルリポジトリでの作業でした。今度はリモートリポジトリにプッシュしてみましょう。
今回リモートリポジトリは、GitHubを例に説明します

5-1.事前準備 GitHubのToken取得

まずは、AndroidStudioからGitHubへログインするためのTokenを取得します。
GitHubにサインインし、アカウントメニューのSettingを開きます。

次に、左側のメニューのDeveloper setttingsを開きます

Personal access tokensを開き、Generate new tokenを開きます。

Select scopesを以下のように設定し、Generate tokensをクリックします。
作成したTokenを控えておきます。

5-2.AndroidStudioからPushする

AndroidStudioのGitタブからmasterを右クリックし、Push…をクリックします。

Define remoteをクリックします。

URLにリモートリポジトリのURLを入力します。(※事前にGitHub上でリポジトリを作成しておいてください)

以下画面になりますので、Use Tokenをクリックし、先程GitHub上で作成したTokenを設定します。

以下画面になりますので、Pushボタンをクリックします。

これで、リモートリポジトリへのPushが完了です。

6.最後に

これで、わざわざSourceTreeを起動せずに、AndroidStudioだけでGit管理できるのでかなり便利です。
AndroidStudio使ってる方ぜひGit管理してみてください。
それでは!!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で
関連記事(一部広告含む)

飲食店用WordPress無料テーマ
「InomaRestaurantBasic」

飲食店用の無料WordPressテーマを作成しました。
店のコンセプト、メニュー、アクセスなど
飲食店に必要な最低限の機能を搭載しました。
これから飲食店のホームページを開設したい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

ブログ用WordPress無料テーマ
「chameleon(カメレオン)」

WordPressテーマ(chameleon)は、「WordPressで手軽・気軽にブログ始められる」をコンセプトに制作しました。
初めてWordPressでブログを始める方、是非シンプルなテーマchameleon「カメレオン」を使ってみてください!

ブログ用無料WordPressテーマ

士業用WordPress無料テーマ
「InomaExpertBasic」

士業用の無料WordPressテーマを作成しました。
もちろん、一般的なビジネスサイトに活用できます。
自分でサイト更新したい方、
これからホームページを立ち上げようとする方、
自分でWordPressテーマを作ってみたい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン