デザイン制作、Web制作、ブログ運営などのノウハウを配信するサイト

iMac(21.5inch, Mid 2011)メモリ増設方法

memory_eyecatch
最近、DTPやWebサイト制作でイラレやフォトショップなど同時に色んなアプリを起動するので、iMacの動作がもっさりしてきました。そこで、今回は、メモリの増設を試してみましたのでご紹介します。
※iMacのバージョンは、21.5inch, Mid 2011です。
バージョンが異なると対応するメモリや取り付け方法などが異なりますのでご注意を。

スポンサーリンク

BUFFALO 「A3N1333-4G✕2/E」を購入

buffalo_memory
購入したメモリは、BUFFALOの「A3N1333-4G✕2/E」です。
購入者のレビューで、私と同じMacのバージョンで問題なく動作した報告があり、評価も良かったのでこのメモリに決めました。
(4Gのメモリが2枚入っています。)

メモリ取り付け方法

まずは、ケーブル関連を全て取り外し、作業台の上にタオルを敷いて画面を下にして寝かせます。
memory_change1

iMACの底面部のメモリアクセスカバーをドライバーで取り外します。
memory_change2

流石に購入後5年も経てば、メモリ部はホコリまみれです。
私は、カメラのブロアーを使って、ホコリを吹き飛ばしました。
memory_change3

メモリ収納部の黒いタブを開きます。
memory_change4

タブを手前に引いてメモリーモジュールを取り出します。
※タブは、思ったより硬かったです。思い切り引きましょう。
memory_change5

もともと挿入されていたメモリの下の空きスロットへ購入したメモリを押し込みます。
※タグを引いたことで、もともと装着されていたメモリも取り出されていますので、同じように押し込みます。
memory_change6

最後に引き出していたタブを元に戻して、メモリアクセスカバーを装着して終了です。
memory_change7

iMAC起動

メモリを装着したら、早速iMacを起動してみます。
デスクトップの左上にあるアップルのマークから、このMacについてを起動します。
メモリの画面を見てみると、ちゃんと装着した4Gのメモリが2枚認識され、4G→12Gに増設することができました!
memory_change8

最後に

メモリ増設後、しばらく使ってみましたが、明らかに快適になっています。
増設前は、Finderの動作などももっさりしてましたが、サクサク動いてます。
メモリ増設は面倒なイメージがあり、今までやってませんでしたが、思ったよりも簡単で、しかも6,000円弱でこんなに快適になるならもっと早くやっとけばよかったです。。

最近Macがもっさりしてきた方、メモリ増設を試してみることをオススメします♪
少しでも参考になれば幸いです。
それでは!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で

ブログ用WordPress無料テーマ
「chameleon(カメレオン)」

WordPressテーマ(chameleon)は、「WordPressで手軽・気軽にブログ始められる」をコンセプトに制作しました。
初めてWordPressでブログを始める方、是非シンプルなテーマchameleon「カメレオン」を使ってみてください!

ブログ用無料WordPressテーマ

士業用WordPress無料テーマ
「InomaExpertBasic」

士業用の無料WordPressテーマを作成しました。
もちろん、一般的なビジネスサイトに活用できます。
自分でサイト更新したい方、
これからホームページを立ち上げようとする方、
自分でWordPressテーマを作ってみたい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン