デザイン制作、Web制作、ブログ運営などのノウハウを配信するサイト

初心者でもできるイラストレーター使い方講座 イベントポスターを作ってみよう

スポンサーリンク

3.イメージの作成

続いて、ポスターのメインイメージを作成していきます。
今回は、以下のように拳銃を構えた人物をシルエットにしたデザインを作っていきます。

レイヤーパネルの「新規作成」をクリックします。名称を「イメージ」と入力します。
イメージレイヤーを選択した状態(アクティブ)にしておきます。

人物のシルエットは、ダウンロード素材ファイルに準備していますので、
メニューの「ファイル」→「配置」をクリックし、イメージ.epsを選択してください。

以下のように適切な位置に配置しましょう。

次にキャッチコピーを作ります。
文字(縦)ツールを選択し、「名作を見逃すな!」と入力します。

文字のフォントを設定します。
入力した文字を選択した状態で、文字パネルで以下の設定を行います。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:源真ゴシックP(Heavy)
サイズ:48pt

「!」マークの角度を調整します。
「!」マークを選択した状態で、文字パネルの文字回転を-20°に設定します。

文字全体にインパクトを出すため、文字の水平比率を125%、文字のトラッキングを20に設定します。

次に文字をラフな形状に変形させます。
メニューの「効果」→「パスの変形」→「ラフ」をクリックします。

サイズを「4.4%」、詳細を「1.82/inch」、ギザギザを選択し、OKをクリックします。

最後に文字の塗りを、カラーパネルでC:0、M:100 Y:100 K:0を設定して、キャッチコピーの完成です。

次に、血が飛び散ったようなエレメントを作成しましょう。
多角形ツールを選択し、六角形を作成しましょう。

クラウンツールをダブルクリックし、オプション画面を出します。
グローバルブラシのサイズを幅:100mm 高さ:100mm 角度0° 強さ:70%を設定し、OKをクリックします。

先ほど作成した六角形をクラウンツールで覆い、クリックします。
すると、以下のように六角形が変形します。

次に、ワープツールを選択して、変形した六角形をドラッグして変形していきます。

好みのデザインに変形したら、以下のように配置します。
これでポスターのイメージ部が完成しました。

レイヤーパネルのイメージレイヤーをロックしておきましょう。

4.タイトルの作成

次に、映画祭のタイトル部を作っていきましょう。

レイヤーパネルの「新規作成」をクリックします。名称を「タイトル」と入力します。
タイトルレイヤーを選択した状態(アクティブ)にしておきます。

メインタイトルを書く前に、映画祭の説明文を記載します。
文字ツールを選択し、「アクションをテーマにした短編映画祭」と入力しましょう。(文字色は白にします)
文字パネルで、フォントを以下のように設定します。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:小塚ゴシックPr6N(R)
サイズ:33pt
文字のトラッキング:279

入力した文字「アクションを・・・」の「を」のフォントを小さく設定し、リズムを出します。
「を」を選択した状態で、文字パネルから
サイズ:24pt
ベースラインシフト:-2pt
に設定します。

次に文字ツールを設定し、「SHORT FILM」と入力します。
文字パネルで、フォントを以下のように設定します。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:Helvetica(Bold)
サイズ:135pt
また、文字の塗りを、カラーパネルでC:5、M:0 Y:90 K:0を設定します。

次に、映写機のイラストを配置します。
ダウンロード素材ファイルに準備していますので、
メニュー「ファイル」→「配置」からフィルム.epsを選択します。

映写機のイラストを以下の位置に配置します。

次に文字ツールを選択し、「映画祭」と入力します。
文字パネルで、フォントを以下のように設定します。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:源真ゴシックP(Heavy)
サイズ:96pt
文字のトラッキング:260
また、文字の塗りを、カラーパネルでC:5、M:0 Y:90 K:0を設定します。

次に文字ツールを選択し、「2018」と入力します。
文字パネルで、フォントを以下のように設定します。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:源真ゴシックP(Normal)
サイズ:104pt
文字のトラッキング:135
また、文字の塗りを、カラーパネルでC:5、M:0 Y:90 K:0を設定します。

次にペンツールを選択し、「映画祭 2018」の下に直線を引きます。
線幅は、4ptにします。
線の色は、文字色と同じC:5、M:0 Y:90 K:0に設定します。

直線の下に「SHORT FILM FESTIVAL」と入力します。
文字パネルで、フォントを以下のように設定します。
※環境にフォントが無い場合は、似たようなフォントで代用してください。
フォント:Helvetica(Bold)
サイズ:39pt
文字のトラッキング:300
また、文字の塗りを、カラーパネルでC:5、M:0 Y:90 K:0を設定します。

最後に各タイトルとイラストを以下図の点線のように綺麗に整列させます。
ここで、しっかりと各要素を整列させておくことでデザインが引き締まります。

重要ポイント!!
・各要素をしっかりと整列させることで、デザインが引き締まる。

タイトル部が完成しましたので、
タイトルレイヤーにロックをかけておきましょう。

次のページで開催情報を入力していよいよ完成です。
もうちょっとです!頑張りましょう!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で

ブログ用WordPress無料テーマ
「chameleon(カメレオン)」

WordPressテーマ(chameleon)は、「WordPressで手軽・気軽にブログ始められる」をコンセプトに制作しました。
初めてWordPressでブログを始める方、是非シンプルなテーマchameleon「カメレオン」を使ってみてください!

ブログ用無料WordPressテーマ

士業用WordPress無料テーマ
「InomaExpertBasic」

士業用の無料WordPressテーマを作成しました。
もちろん、一般的なビジネスサイトに活用できます。
自分でサイト更新したい方、
これからホームページを立ち上げようとする方、
自分でWordPressテーマを作ってみたい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン