デザイン制作、Web制作、ブログ運営などのノウハウを配信するサイト

【GIMP】レイヤーマスクで写真を合成する方法

gimp_fix_eyecatch
今回は、GIMPのレイヤーマスクを使って、画像を合成する方法をご紹介します。
上記が完成例です。背景画像の上に魚の画像を合成しています。
それでは、早速手順をご紹介します。

スポンサーリンク

1.切り抜く画像をトレースする

1-1.背景画像を開く

まずは、背景にする画像をGIMPで開きます。
※[ファイル]->[開く/インポート]もしくは、「Ctrl(Command) + O」
image_fix_procedure_1

1-2.合成したい画像をコピー

次に、合成したい画像を開きます。
※[ファイル]->[開く/インポート]もしくは、「Ctrl(Command) + O」

魚の画像を開いたら、Command+Aを押して全体を選択し、Command+Cでコピーします。
背景画像のタブを選択し、Command+Vで背景画像に貼り付けます。

image_fix_procedure_2

貼り付けた画像は、「フローティングレイヤー」となっており、このままでは他のレイヤーで作業ができません。
そこで、「レイヤー」メニューから「新しいレイヤーの生成」を選択します。
その後、貼り付けたレイヤー名を「魚」、背景のレイヤー名を「背景」に変更します。

※フローティングレイヤーとは・・・まだ固定されていない臨時のレイヤー。
フローティングレイヤーがある状態では他のレイヤーで作業ができない。「レイヤー」メニューの「新しいレイヤーの生成」を実行するか、レイヤー名を変更すると通常レイヤーとして固定される。

image_fix_procedure_3

1-3.魚の輪郭に沿ってパスを作成する

次に、魚の輪郭をパスでなぞっていきます。
ツールボックスの「パス」をクリックします。
image_fix_procedure_4

画像をズームして、魚の輪郭に沿った部分をクリックしていきます。
(クリックする毎にアンカーポイントが追加されます)
image_fix_procedure_5

曲線にしたい部分は、クリックしたままドラッグし、方向線を出して曲線にします。
image_fix_procedure_6

●トレースのコツ
・アンカーポイントの場所を間違えた場合は、「編集」メニューの「アンカーの追加を元に戻す」をクリック
・パス全体を移動させたいときは、Alt(Option)キーを押しながらパスを選択しドラッグ
・あとからアンカーポイントの間を曲線にしたいときは、Ctrl(Command)をおしながらアンカーポイントをドラッグ

最後は、Ctrl(Command)を押しながら最初のアンカーポイントをクリックし、1つのパスにします。
image_fix_procedure_7

2.パスをマスクに変換し、不要部分を非表示にする

2-1.パスを選択範囲にする

魚の輪郭のパスが出来たので、次は、そのパスを選択範囲にします。
「選択」メニューから「パスを選択範囲に」をクリックします。
image_fix_procedure_14

これで、魚の輪郭の選択範囲ができました。
image_fix_procedure_23

2-2.レイヤーマスクを追加する

次にレイヤーマスク機能を使って、選択した魚の輪郭以外をマスクします。
「レイヤー」メニューから「レイヤーマスク」を選択し、「レイヤーマスクの追加」をクリックします。
image_fix_procedure_8

次に以下のようなダイアログが表示されるので、選択範囲を選び、追加をクリックします。
image_fix_procedure_9

これで、レイヤーマスクが追加されました。
最後に、「選択」メニューから「選択を解除」をクリックし、魚を囲んでいた選択範囲を解除しておきましょう。
image_fix_procedure_10

●レイヤーマスクとは?
レイヤーの不透明度を調整できる機能。レイヤーマスクの塗りが白ならば表示される。黒ならば非表示となる。
グレーを使用すると、半透明を表現できる。

3.魚レイヤーの位置を調整

魚の位置を調整します。魚レイヤーのサムネイルをクリックします。
image_fix_procedure_10-1

ツールボックスの「移動」を選択します。
image_fix_procedure_24

移動させたい位置までドラッグします。
これで、位置の調整が完了です。
image_fix_procedure_11

4.魚の道路に重なっている部分を非表示にする

最後に、魚の道路に重なっている部分を非表示にします。
まずは、魚レイヤーの目のアイコンをクリックし非表示にします。
そして、背景レイヤーのサムネイルを選択します。
image_fix_procedure_12

魚と重なっていた道路の部分「パス」で囲みます。
(パスの使い方は、魚の輪郭をトレースした手順1-3と同様です)
image_fix_procedure_13

「選択」メニューの「パスを選択範囲に」をクリックします。
image_fix_procedure_14

これで、道路の部分の選択範囲ができました。
image_fix_procedure_15

次に魚レイヤーの目のアイコンをクリックして再表示させ、レイヤーマスクサムネイルを選択します。
image_fix_procedure_16

「レイヤー」メニューの「レイヤーマスク」から「レイヤーマスクの表示」をクリックします。
image_fix_procedure_17

下図のように、白と黒のレイヤーマスクが表示されました。
image_fix_procedure_18

先ほど、選択した道路の部分の選択範囲を黒で塗りつぶします。
「編集」メニューの「描画色で塗りつぶす」をクリックします。
※描画色が「黒」になっている必要がありますので注意ください。
image_fix_procedure_19

これで、重なっている道路の部分が黒で塗りつぶされました。
「選択」メニューから「選択を解除」をクリックし、道路の選択範囲を解除しておきましょう。
image_fix_procedure_20

最後に、「レイヤー」メニューの「レイヤーマスク」から「レイヤーマスクの表示」のチェックを外します。
image_fix_procedure_21

これで、完成です。道路と重なっている部分は、非表示となり、道路の裏に魚がいるような画像になりました。
image_fix_procedure_22

5.最後に

以上、GIMPを使って画像を合成する方法をご紹介しました。
GIMPのレイヤーマスク機能を使いこなせば、表現の幅が広がりますね!
是非、みなさんもチャレンジしてみてください。

それでは!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で

ブログ用WordPress無料テーマ
「chameleon(カメレオン)」

WordPressテーマ(chameleon)は、「WordPressで手軽・気軽にブログ始められる」をコンセプトに制作しました。
初めてWordPressでブログを始める方、是非シンプルなテーマchameleon「カメレオン」を使ってみてください!

ブログ用無料WordPressテーマ

士業用WordPress無料テーマ
「InomaExpertBasic」

士業用の無料WordPressテーマを作成しました。
もちろん、一般的なビジネスサイトに活用できます。
自分でサイト更新したい方、
これからホームページを立ち上げようとする方、
自分でWordPressテーマを作ってみたい方、
この無料テーマを是非活用してみてください。

無料WordPressテーマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン