ソフトエンジニアのブログ、制作ノウハウ等を配信

MACのQuickTimeを使ってキャプチャ動画を撮る方法

こんにちは、koheiです。
最近、イラレの使い方動画など、キャプチャ動画を撮ることが多くなってきました。MACなら、標準で入っている「QuickTime」を使って簡単にキャプチャ動画を撮ることが出来ます。
ということで、今回は、「QuickTime」を使ったキャプチャ動画の撮り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

QuickTimeでキャプチャ動画を撮る手順

まずは、LaunchPadから「QuickTime」を起動しましょう。

「QuickTime」を起動したら、メニューの「ファイル」→「新規画面収録」をクリックします。

すると、以下のような画面が開きますので、真ん中の赤い丸の録画ボタンをクリックします。

続いて、以下の画面で任意の場所でクリックすれば収録が開始されます。
画面の一部を収録したい場合は、ドラッグして画面を選択します。

収録を終了するには、上部メニューの右側に黒い四角のマークがあるので、クリックして終了します。

マウスのクリックを表示する方法

QuickTimeにはマウスのクリックを表示できるオプションがあります。
赤い丸の録画ボタンの横の矢印を押してメニューを表示させます。
メニューの「収録にマウスのクリックを表示」にチェックを入れます。

収録した動画を確認すると、以下のようにクリックした時に黒い丸が表示されます。

なお、説明動画などを作る時に、カーソルポインタを光らせたい場合は、「pinpoint」アプリがおすすめです。
以下ブログで紹介しています。
MACのカーソルポインタを変更できるアプリ PinPoint

最後に

QuickTimeで簡単にキャプチャ動画が撮れるので、あとは編集ソフトを使えば、簡単にチュートリアル動画などが作れます。
編集ソフトについては、今後ブログで使い方を紹介したいと思います。
それでは!!

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で
関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン