ソフトエンジニアのブログ、制作ノウハウ等を配信

MAC OS X El Capitanへのアップグレード

スクリーンショット 2016-03-02 18.44.36

MACのOSをLION(10.7.5)から El Capitan(10.11.3)へのアップグレードしました。
備忘録として纏めておきます。

スポンサーリンク

1.TimeMachineでバックアップ

OSのアップデートする前に、万が一のためにアップデート前の情報をバックアップすることにしました。
まず、外付けHDDを購入しました。
外付けHDDに強いこだわりはないので、MAC対応のHDDである以下を購入しました。
Western Digital Corporation My Passport for Mac (1TB)


今回は、MACのバックアップ用だけで、特にデータ保存用のパーティションは切りませんでした。
データ用のバックアップは、必要なときにHDDを買い足そうと思います。
やりかたは、簡単。USBでHDDをMACにつなぐだけ。あとは、TimeMachineが自動で起動するので
バックアップが開始されます。 バックアップはそれなりに時間がかかります。
(私の場合は、4時間ぐらいかかりました。)

2. El Capitanのダウンロード

バックアップが完了したら、App StoreからOS X El Capitainをダウンロードし、インストールします。
これもそれなりに時間がかかります。
ここでひとつトラブル発生。
ダウンロード時に以下のエラーが発生しました。

アプリケーションをダウンロードできませんでした
Hash mismatch

原因は、dolipoというアプリを起動しているのが原因だったみたいです。
dolipoの設定をOFFにしてもう一度、ダウンロード。なんとか無事に成功しました。
あとは、インストーラを起動し、インストール実行。
無事に、インストール完了できました。

3. アップデート後にやったこと

日本語入力が遅い

アップデート後、すぐに使いづらく感じたのが日本語入力の遅さ。
El capitanでは、ライブ変換という機能が動作しているようなのですが、
私にとっては使いづらくストレスを感じてしまいました。
そこで、色々と調べると、Googleさんが以下の日本語入力機能をサポートしているようでした。
さっそく、インストールしてみると、いやー快適!素晴らしい。日本語入力のストレスはこれで解消されました。
Google 日本語入力ダウンロードサイト

Google日本語入力をインストール後、MACの上部メニューの入力モードをひらがな(Google)に設定します。
これで日本語入力が快適になりました。
スクリーンショット 2016-03-02 20.33.36

メール送受信ができない

アップデート後、メールソフトを起動すると、メール受信エラーになります。
POPやSMTPの設定は間違っていないようです。色々調べるとどうも以下の設定をしないといけないようです。

メールソフトの環境設定からPOPの「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外し、「セキュリティ保護されていない認証を許可」
にチェックを入れます。SMTPも同じ設定にします。
スクリーンショット 2016-03-02 20.43.29
以上でメール送受信もできるようになりました。

4. まとめ

以上、アップデートの忘備録でした。
今のところ、動作速度などはストレスなく使えてます。
まだまだ、El Capitanの新機能をわかっていないのでまた発見があればレポートしたいと思います。

長々とお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で
関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン