ソフトエンジニアのブログ、制作ノウハウ等を配信

動画撮影時にF値を下げたい!K&F Concept 可変NDフィルター購入!


どうもこんにちは、
先日購入したGH5M2で色々動画を撮影しているのですが、外でシャッタースピード固定で撮影していると、適正露出にするためにF値が高くなってしまいます。
F値を下げるには、NDフィルターが必要ということで、初めて可変NDフィルターを購入してみました。

スポンサーリンク

K&F Concept 58mm 可変NDフィルター ND2-ND32

購入したのは、K&F Concept 58mm 可変NDフィルター ND2-ND32です。
amazonで購入しました。
しっかりとしたケースに収納されており、安っぽさは全然ありません。

NDフィルターは、レンズに通す光の量を調整してくれるフィルターです。
このフィルターはND2からND32まで設定でき、以下のように光の量を調整してくれます。
ND2・・・光の透過率1/2(光を1/2通す)
ND4・・・光の透過率1/4(光を1/4通す)
ND8・・・光の透過率1/8(光を1/8通す)
ND16・・・光の透過率1/16(光を1/16通す)
ND32・・・光の透過率1/32(光を1/32通す)

このフィルターは可変NDフィルターということで、フィルターを回すことで、ND2〜ND32まで調整することができます。

フィルターの側面に矢印とマークがついており、ND2〜ND32まで回して調整します

それぞれ設定したときのレンズの暗さは以下のようになっています。

ND2に設定時

ND4に設定時

ND8に設定時

ND16設定時

ND32設定時

実際使ってみて

ND数値を変えるリングもなめらかに回りますので、使いやすかったです。
また、NDフィルターを使うと、色ムラが出るという話をよく聞きますが、今回使ってみたND2〜ND8ぐらいまでだと色ムラなどは気になりませんでした。
このあたりは動画だけではなく、写真撮影でも使ってみて色々検証してみたいです。

1点難点があるとすれば、NDフィルターを装着した際は、レンズキャップがはまらなくなることです。
レンズキャップは今の58mmではなく、一回り大きなサイズ(62mm)のレンズキャップが必要だそうです。
撮影時のつけ外しが面倒なので、そこだけがちょっと不便だと思いました。

実際NDフィルターを付けて撮影した動画です。↓

とりあえず、このNDフィルターを撮影でガンガン使っていこうと思います!
それでは!!

カメラ機材の話やガジェット、VLOG等は気軽に以下のYoutubeサブチャンネルに上げていこうと思っています。
興味ある方は見てみてください〜
InoVLOG

スポンサーリンク

いいね!を押すと、
最新記事をお届けします。

Twitter で
関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ページトップボタン